なぜ妊娠線ができるか

母親が新しい命をお腹に宿し、十月十日、守られながら大事に育てられて無事生まれてくる我が子。この喜びは計り知れません。少しずつお腹が大きくなるにつれて、中の子が育っていくんだという実感が強くなっていくのではないでしょうか。そうした中、いろいろなことがあるかもしれません。そのうちの一つに多くの妊婦さんが抱えてしまう悩み、妊娠線があります。

妊娠線というのは真皮が断裂してしまってできてしまう線のことを言います。皮膚というのはそもそも3つの層からなり、外側から表皮、真皮、皮下組織となります。この表皮は柔らかいのですが、真皮は柔軟性がないため、急激な伸びが起きると、耐えられずに裂けてしまいます。それが線や筋となり残ってしまいます。このような跡が妊娠中期から後期にかけて出できてしまい多くの妊婦さんを悩ましてしまいます。

この妊娠線は一度出てしまうと完全に元に戻ることはできません。ある程度目立たなくすることはできますが、やはり女性としてはそんな跡などが残ってしまうと、いろいろな面で困ってしまうことは多々あります。そうならないために、できてしまってからのケアではなくできる前にしておくケアがあります。それをすることにより、妊娠線を予防できる可能性が大きくなります。後々後悔しないためにもきちんと予防しておいたほうがいいと思います。

では予防策としてはどういうことをしていけばいいのか簡単にご説明いたします。