体重増加を防ぐ

近年産婦人科でよく言われてり厳重に注意されることは体重の増加です。昔は妊娠をしたらおなかのあかちゃんの分までたべるというイメージがありましたが、今は妊娠中の過度の体重増加は母体にとってもお腹の赤ちゃんにとっても悪影響を及ぼしてしまいます。大体赤ちゃんが約3000グラム前後として胎盤、羊水等を加味して平均で母体は約8㎏の増加となります。そのために病院側では毎月体重を確認いたします。

しかしながら、安定期に入ってしまうと、つわりの時期も抜け、食事がちゃんと食べられるようになり、通常以上に食べてしまい、結果急激に体重が増え、脂肪もつくことになり、妊娠線ができてしまう人も多くいます。栄養ももちろん取らなければいけませんが、とったものすべてがお腹の赤ちゃんにいくわけではないのです。母体に必要な体重増加は大体8~10㎏と言われています。そこを過ぎてしまうと妊娠線が出ることが多いようです。

また急激な体重増加は妊娠中毒症にもなりやすいです。ただし妊娠線ができるのはいやとか妊娠中毒症になりたくないからダイエットをしても逆に病気になってしまうこともあるようです。あくまでも少しずつコントロールをしていきながら増加を防いでいくことがよろしいかと思います。