妊娠線を防止するために必要な事

妊娠線を防止するために必要な事は何か?

サポート下着の着用 16/09/23

肌への負担を軽減させるために、妊婦帯や産前ガードルなど妊婦さん用のインナーを使用することもおすすめか思います。そういったものは大きくなっていくお腹を支えてくれますが、同時にお腹の皮膚が急激に伸びるのも防いでくれる作用があります。また、保湿クリームなどと合わせて使うことにより皮膚の乾燥をふせいでもくれる利点があります。

このサポート下着はいろいろなタイプがあります。さらしタイプやガードルタイプです。さらしタイプのはお腹を締めすぎず下から上へ持ち上げるように巻いていく腹帯になります。こちらは帯状なのでいろいろなサイズのお腹にも合わせて巻けるのが特徴です。こちらは綿100%なので吸水性にも優れ、妊娠中のデリケートな肌でも安心して使うことができます。

一方ガードルタイプは、ショーツと一体になっている腹帯になります。こちらはお腹をしっかりと支えながらも体のラインをすっと見せてくれるのが特徴です。よく働いている人が使われており、パンツスタイルとの相性もとてもいいもので、こちらは妊娠中期からの使用がよろしいかと思います。

季節や生活のシーンに合わせて自分にあうサポート下着を選び着用することによって、お腹の急激な伸びを抑えられ妊娠線の防止につながるかと思います。全てはお腹が大きくなってからではなく、その前から予防することにより妊娠線はできにくくなるかと思いますので、毎日の心掛けをきちんとしながら予防してみてください。

サポート下着の着用 はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: 未分類

体重増加を防ぐ 16/09/20

近年産婦人科でよく言われてり厳重に注意されることは体重の増加です。昔は妊娠をしたらおなかのあかちゃんの分までたべるというイメージがありましたが、今は妊娠中の過度の体重増加は母体にとってもお腹の赤ちゃんにとっても悪影響を及ぼしてしまいます。大体赤ちゃんが約3000グラム前後として胎盤、羊水等を加味して平均で母体は約8㎏の増加となります。そのために病院側では毎月体重を確認いたします。

しかしながら、安定期に入ってしまうと、つわりの時期も抜け、食事がちゃんと食べられるようになり、通常以上に食べてしまい、結果急激に体重が増え、脂肪もつくことになり、妊娠線ができてしまう人も多くいます。栄養ももちろん取らなければいけませんが、とったものすべてがお腹の赤ちゃんにいくわけではないのです。母体に必要な体重増加は大体8~10㎏と言われています。そこを過ぎてしまうと妊娠線が出ることが多いようです。

また急激な体重増加は妊娠中毒症にもなりやすいです。ただし妊娠線ができるのはいやとか妊娠中毒症になりたくないからダイエットをしても逆に病気になってしまうこともあるようです。あくまでも少しずつコントロールをしていきながら増加を防いでいくことがよろしいかと思います。

体重増加を防ぐ はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: 未分類

保湿ケアで防ぐ 16/09/15

まず第一として、保湿ケアをしていく必要性があります。妊娠線は皮膚が急激な伸びに耐えられず避けてできる線です。それを防ぐには皮膚を柔らかくして弾力のある状態にして、尚且つ皮膚の乾燥を防ぐことがとても大事です。それには一番いいのはクリームをぬることです。クリームを塗り、よくマッサージをしていくようにします。

妊娠初期はホルモンの影響などで普段より肌が荒れてしまう時期なので、安定期である妊娠4~5か月ぐらいから意識しながら予防していきます。ただし、クリームの種類によっては使えるものと使えないものもあるかと思いますので、妊娠が分かったころに自分にあうクリームを見つけて塗ってる人もおります。

ここで注意することは、妊娠線というのはお腹しか出ないと思っている人も多いかと思いますが、お腹以外にもバストや太もも、おしりなどにもできてしまいますので、特にかさつきなどがきになる部分には安定期に入ったら保湿クリームを塗っておいたほうがいいかと思います。

そして最も重要なのは一週間に2~3回とかではなく毎日続けていくことです。そうすることにより、皮膚が急激な伸びにも耐えられるようになり、裂けることもなく妊娠線ができなくなるからです。そのことを心掛けていただければと思います。

保湿ケアで防ぐ はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: 未分類

なぜ妊娠線ができるか 16/09/05

母親が新しい命をお腹に宿し、十月十日、守られながら大事に育てられて無事生まれてくる我が子。この喜びは計り知れません。少しずつお腹が大きくなるにつれて、中の子が育っていくんだという実感が強くなっていくのではないでしょうか。そうした中、いろいろなことがあるかもしれません。そのうちの一つに多くの妊婦さんが抱えてしまう悩み、妊娠線があります。

妊娠線というのは急激な皮膚の伸長に耐えられず、真皮が断裂してしまってできてしまう線のことを言います。皮膚というのはそもそも3つの層からなり、外側から表皮、真皮、皮下組織となります。この表皮は柔らかいのですが、真皮は柔軟性がないため、急激な伸びに耐えられなくて避けてしまいます。それが線や筋となり残ってしまいます。このような跡が妊娠中期から後期にかけて出できてしまい多くの妊婦さんを悩ましてしまいます。

この妊娠線は一度出てしまうと完全に元に戻ることはできません。ある程度目立たなくすることはできますが、やはり女性としてはそんな跡などが残ってしまうと、いろいろな面で困ってしまうことは多々あります。そうならないために、できてしまってからのケアではなくできる前にしておくケアがあります。それをすることにより、妊娠線を予防できる可能性が大きくなります。後々後悔しないためにもきちんと予防しておいたほうがいいと思います。

では予防策としてはどういうことをしていけばいいのか簡単にご説明いたします。

なぜ妊娠線ができるか はコメントを受け付けていません。
カテゴリー: 未分類